2016年1月5日火曜日

2016年1月3日(日) 新年初ラン!

国道1号線 戸塚-保土ヶ谷橋間往復 15.28km 1'16'46(5'01) 晴 16℃

この日は,箱根駅伝の応援に行きました。

奥さんの実家は戸塚中継所のすぐ近くです。
毎年,最寄りの国道1号線に出て応援します。

今年の箱根は,青学の強さだけが強烈でしたが,その陰で,我が早稲田大学もずいぶん頑張ったと思います。

相楽新監督に変わり,出雲は7位,全日本も本戦こそ4位でしたが,予選会でも中学,日大,神大の後塵を拝しており,一番地力が試される箱根はどんなことになるかとハラハラしていました。

箱根も,青学,東洋,駒沢が3強というのは分かっていましたので,早稲田がそこにどの程度食らいつけるか,と思っていましたが,2区で早くも14位に転落し,意気消沈していました。

しかし,その後盛り返し,往路は5位。正直,驚きました。

とはいえ,例年早稲田は前半に力を注ぐことが多く,後半は期待できないのではないか,と疑ってかかっていましたが,下りの6区で順位を一つ上げると,そのままの位置を維持します。

戸塚中継所を過ぎ,9区に入っても4位をキープしていましたが,その段階で5位の日体大は箱根繰り上げスタートで依然前を走っており,合計タイムも1分半ほどしか差がなく,油断できない状況でした。

ですので,「日体大を抜け!」と大声で声援を送っているのが,上の写真です。

私の応援が功を奏したのか(笑),この区間を走った井戸君は見事区間賞,繰り上げで前を走っていた日体大,山学大を抜き去り,盤石で4位を確保したのでした。

今の駅伝はリクルートでほぼチーム力が決まるといわれています。
来年は高校1万mの上位3選手が東海大に入るそうで,早くも東海大時代が来ると噂されていますが,それよりも早稲田は練習でしっかり地力を挙げて,来年も頑張ってほしいと思います。


そんな応援のあとに,走る時間を作ってもらい,熱も冷めやらぬまま走りに出ました。
箱根の余韻を感じながら,選手たちが走った国道1号線を東京向けに走ることにしました。

難所といわれよく映像が映る不動坂を行きは下り,帰りは登る形になりますが,正直,沖縄のレースを考えると全然大変な坂ではありません。
徐々に後半スピードを上げ,帰りでも楽に5分を切って走ることができました。
箱根の山登りだけが格別に大変なのでしょうね。

この正月も,おせちにごちそうに食べまくりで過ごしました。
毎日できるだけ散歩をしたり走ったりしていましたが,体重増加は否めません。

これからしっかり練習して,今年はサブ3.75を目指します!

ちなみに,昨年12月の月間走行距離は112.92km,年間走行距離は,925.91kmでした。








0 件のコメント:

コメントを投稿