2015年7月20日月曜日

7月16日(木) 靴の評価 二日目

新大平コース(10.13km) 54'07(5.21/km) 晴 31℃

この日はいつもより若干涼しかったものの,日差しは相変わらずでした。

新大平コースの往路はパイプライン沿いを走るので,石畳があったり左右の傾斜があったり,脇道から車が出てきたりと,足に負担のあるコースです。

靴もだいぶフィットしてきました。

靴底が柔らかいため,薄いのかと思いきや,石畳のでこぼこを感じるようなことはなく,決して薄いわけではなさそうです。

車が出てきたりしてもグリップ力もあり,しっかり止まれます。

突っかかって転びそうになるのはいつも左足です。走り方の癖のせいでしょうか。

もう一つ,これまでの靴底は堅かったので,そのバネが走りの助けになっていたような気がして,そのバネがないので,スピードも遅くなるのではないか,と不安に思っていましたが,タイムを見ると決していつもより遅いわけではありません。

むしろ,ちょっとペースを上げようと思うとしっかり足がついてくる感じがします。

二日目の評価としては,案外悪くなさそう,という感じでした。

0 件のコメント:

コメントを投稿