2015年12月20日日曜日

12月20日(日) 登りと下り

畑コース 往路(5.40km) 28'00(5'11) , 復路(5.32km) 5'32(4'23) 曇23℃

この日は仕事を終え,夕方から畑に行くことになり,その往復を走ることにしました。

いずれも5kmほどの距離なので,家族の車と競争しながらペースを上げて走りました。

環状2号線に沿って高低差140mほどの登りのため,どうしても前半は遅くなりますが,普段よりはかなりいいペースで坂を上がることができました。渋滞もあり,車より早く到着できました。

畑作業を終えるとあたりはもう真っ暗です。登りの疲れもあって足は重く,渋滞も解消して車はさっさと先に行ってしまったため,あまりペースを上げることができませんでしたが,無理なくいいペースで下れたように思います。最後までペースを落とさず4分半を切らずに走りきれたので良かったです。




12月17日(木) スピードアップ

大平コース(10.10km) 49'53(4'56/km) 曇 15℃

寒気到来で朝から寒く,走りに出るのが少しおっくでした。

ですが,走り出すとそんなことは気にならなくなり,軽快に足を進めることができました。

前のアミノの練習会でOkaさんから伺った話を参考に,この日は前半に力を入れて走ることにしました。

前半5キロは,緩いのぼりですが,平均4'50をキープ。

その分,5-6でずいぶん落ち込んでしまい,その後もペースを上げることができず,ぎりぎり50分切り,というタイムでした。

毎回目標を持ちながら,少ない練習の機会を有効に活かしていきたいと思います。

12月12日(土) アミノ練習会

1時間ゆっくりjog (10.08km) 1'04"09(6'22) 曇23℃

NAHAマラソン以来の練習でした。

この日は無理せずゆっくり1時間,ということで,皆さんとレースについて振り返りながらゆっくりと走りました。

いいレースだった方,悔しい思いをされた方など,いろいろなお話がうかがえて,マラソンの奥深さを改めて感じました。

また,皆さんの普段の練習方法についてもお話を伺いました。

Okaさんからは,同じコースを同じ距離を走る中でのメリハリのつけ方について伺い,とても勉強になりました。

そろそろ終了の時間となり,だれからともなくペースが上がりだします。
Okaさんが前に出ようとするので,私もついていこうとペースを上げました。

すると,Okaさんのペースはとどまるところを知らず,最後は猛ダッシュになりました。
ダッシュは比較的得意だと思っていたのですが,あまりの速さについていけず・・・

最後のラップは4分ちょうど。

1時間走って最後のダッシュであれだけ出せるとは・・・
伺っていた練習の成果を見せつけられました。

でも,久しぶりに「競争」という感じで,とても楽しかったです。

最後は,みんなでNAHAマラソンの成果と今後の目標の報告です。
やはり多くの方が沖縄マラソンにエントリーしているご様子。

次に向けて,いいモチベーションとなりました。

2015年12月7日月曜日

12月6日(日) 第31回NAHAマラソン

42.195km グロス3'57''21,ネットタイム3'56'44 自己ベスト! 曇のち雨 25℃

前日から高温,雨の予報で,持ち物や服装などいろいろ悩みました。

数日前から「カーボローディング」と称して炭水化物を多めに摂取していましたが,それはいつもより多く炭水化物をとるだけの間違いローディングで,体重だけが増加していました。せっかく練習を積んできたのに,5日前から酒断ち,コーヒー断ちもしていたのに,失敗です。

8:20にはスタート地点にいるよう指示がありますが,例年よりも枠内に入るための時間取り締まりが厳しいと聞きましたので,それには遅れないよういつもより早めに会場入りしたつもりでしたが,7:30にアミノの集合場所につくと,皆さんほぼ準備を終え,スタートを待つ態勢になっていました。さすがです。私はそれから着替え,トイレを済ませ,時間ぎりぎりにスタート地点に到着しました。

朝からすでに小雨が降っていましたが,スタート地点に並ぶころには雨は止んでいました。気温は高かったのですが,ここで雨に降られると体が冷えると思って,ごみ袋をかぶって列に並んでいました。が,目論見はずれてみるみる青空が広がってきて日差しも強くなってきました。
暑い。慌ててごみ袋を脱ぎます。

今回のスターターはスリムクラブ。
せっかく小ネタを披露したのに,マイクの調子が悪いということで,同じネタを3回も言わされていていました。「これが沖縄らしいところですね」と本人たちも笑うしかない様子でした。

9:00ちょうどにスタート。
走り始めてすぐに,おなかが重いことに気付きました。
朝,うどんのほかにおにぎりを二つ出してもらい,二つ目を食べるかどうか悩んだのですが,結局食べてしまいました。1kmを待たずに,あのおにぎりに後悔です。その上,月に1日くらい走っても全然体が前向きになれず,姿勢をしっかり保てない日があるのですが,今日がその日であることが分かりました。体も心もなかなか前向きになってくれません。グニャグニャ走っている気がします。「今日は無理だな」と弱気な気持ちが浮かびました。同時に,応援してくれる家族や学生たちの顔が浮かび,そんなことを考えている自分に罪悪感を覚えました。


一応,上りが多い前半は少し抑えて,前半と後半をイーブンに走ることが今回の作戦でした。5'30/kmくらいで入り,ハーフは1'55~57くらい,と思っていましたが,最初の数キロは周囲の速さに流されてどうしてもペースが上がります。
また,アミノの皆さんの姿も見えて,皆さん結構速いので,「ついていこう」「いや,流されず抑えよう」という気持ちが交錯して,ペースの小刻みなアップダウンがありました。

また,特に仲井間を右折してからは,向かい風が強く,いつもよりも前傾姿勢で走らなくてはなりませんでした。津嘉山バイパスに入ってからの上りは特にきつく感じ,一時は5m付近に迫っていたOさん,Mさん,Kさんらの背中も遠く離れてしまいました。

東風平中を過ぎ,具志頭に向かう下りのあたりで,ようやくお腹がこなれてきて,苦しくなくなってきました。また,ようやく気持ちも前向きになりだしました。時計を見ると,11kmから14kmあたりは確かにラップが落ち気味です。これではいけないと,少しずつペースを上げ始めました。練習の時から意識していた5'30を思い出し,のぼりでも下りでも,それを下回らないことを意識することができるようになりました。

15kmから18kmあたりで,OさんやMさんに追いつきました。
20km手前の大きな坂も,何とか最小限の減速で登り切りました。
左手に海が見え始めると,ここから一気に下りです。下りながら,右ひざに痛みを感じるようになりました。まずいか,と思い少し減速し,走りながら膝を回して持ちこたえます。平坦に戻ると,痛みも落ち着き,再びペースを取り戻します。

中間地点でのラップを見ると1'57。色々あった割には何とか予定の範囲内です。
ここでKさんに追いつき,少し言葉を交わしました。
ここから前半と同じペースを保つことが必要になります。足はまだなんとか行けそうです。30kmからペースを上げられるようにと20~30は落ち着いていくことにしました。

この頃には日差しもなくなり,一面雲が覆うようになりました。雨は体を冷やしてくれるので私としては歓迎です。早く雨よ降れ,と祈りながら走りますが,なかなか落ちてきません。いつか降るだろうとスポンジをとるのを自粛していましたが,このあたりからはあきらめてスポンジに積極的に手を伸ばすようになりました。

糸満出身の学生が,「応援に行きます!」と言っていたので,そろそろいるかと沿道に目を凝らしていると,22km付近にいました。でも,全然こちらを見ていません。携帯をもてあそんでいます。
結局こちらから声をかけ,「バカ,しっかり応援しろ!」と説教してしまいました。「あー先生,待って」とあとから追いかけてきますが,待つ訳には行きません。
置き去りにして,先に進みます。

落ち着いていこう,と考えた割に,ペースは上がっていたようです。
姿勢も保ったまま,自然とペースが上がっています。調子がよさそうだったので,例年29km付近でトイレ休憩をするのですが,とにかく行ける所まで行こう,とさらに足を進めます。

しかし,疲労は着実にたまっていました。
30kmを過ぎて,「さあ,スパート」と思ってもなかなか足が思うように進みません。ペースを落とさないようにするのが精一杯です。そして,33kmを過ぎてついに足が止まりました。急にさび付いたようになって,一気にペースダウンしてしまいました。

そうなると,さっきいかなかったトイレのことが気になりだします。
トイレの看板が出ているのですが,視野が狭くなっているのかうまく見つけきれません。
34kmすぎで,サロンパススプレーを持っているお姉さんが見えたので,まずはスプレーをお借りして足中に振りかけます。それで少し余裕が出たのか,35kmすぎにトイレを見つけることができました。日頃の練習時の癖で,トイレ等休憩中は時計を止めてしまうので,上記のラップもその時間が抜いてあります。実際にはトイレと柔軟で2分弱時間をロスしていると思います。

しかし,これでずいぶん体が元気になりました。
再び,前を向いて走り出します。サロンパスがじわじわ効いてきているのが分かります。ありがとう!見知らぬお姉さん!

何とか5'30を目指し,足を前に出します。
名嘉地を過ぎてからは走っている人よりも歩く人のほうが目立ってきます。
自分よりも少し速そうな人についていく作戦で,引っ張ってもらいましたが,そういう人たちも急に立ち止まったり減速したりして,その都度目標を変えていきます。誰にとっても辛い区間です。

看板が残りのキロ数を刻むようになりました。
あと5kmの地点で,手元の時計で3’26くらいだったと思います。
途中トイレで時計を止めてしまっているし,頭も回らなくなっていて,4時間を切れるのかどうかもよくわかりませんでした。自己ベストは無理にしても,4時間だけは切りたい,という思いで走っていました。

残り4km付近でSさんに追いつきました。もう声も出ません。手だけ挙げて挨拶をします。
前を見ると,他にも数名アミノの皆さんが見えます。トイレ休憩にこんなに多くの方に抜かれたのかと愕然とします。とにかく,背中を追いかけます。

残り3kmを過ぎて,小禄イオン付近で,ついに雨が降り出しました。
もう少し早く降ってほしかったのですが,文句を言う暇もありません。
少なくとも先に二人,アミノの方が見えます。
Oさんとの差はなかなか縮まりませんが,Kさんは少しずつ近づいているように見えました。
せめてあそこまで,それだけを足を上げていました。

競技場に入り,昨年Iさんに抜かれたのを思い出しました。
「また来るんじゃないか」恐れおののいて後ろを振り返りましたが,今日はいないようです。
逆に,すぐ目の前にKさんがいます。昨年と逆の状況です。
男子高校生の応援が喧しく,集中できないよ,と思っていましたが,Kさんは,男子たちとハイタッチして逆にペースが上がったような気がします。
おいていかれてはまずい,とこちらもペースを上げます。
講堂の前あたりでやっと追い抜き,そこからは何も見えないくらい必死で走りました。
競技場に戻ってきて,家族がいるはずですがよく見えません。
最終コーナー付近でようやく発見,写真を撮るだろうと思い少しペースを緩めました。
相変わらずゴールシーンはヘロヘロです。

そこからラストスパートして,無事ゴール。
ゴールしてしばらく,歪んだ顔が直せませんでした。
今までのゴールで一番つらかった,という印象です。いつも思っている気もしますが。

完走証をもらって,はじめて自分が4時間を切っていることに気付きました。
その上,ネットは3時間56分44秒で,昨年よりも13秒早いようです。
ということは,自己ベストです。

雨が降りしきる中,Oさん,Kさんと給水カップで乾杯をしました。
いい仲間に支えられて,走り切ることができたことを実感しました。

その後は雨が強くなり,ランナーにとってはさらに過酷な環境となりました。
完走率は68.89%と,過去2番目に低い大会となったようです。3分の1が完走できなかったというのは,それだけ大変な環境だったということを物語っていますね。

今回は少ない練習量の中で,何とかここまで来たという充実感はあります。
一方で,この先を目指すには,練習量を増やさなくてはならないとも思います。
何とか練習時間を確保して,今度は沖縄マラソンでの4時間切りを目指したいと思います。

夜の打ち上げには参加できず,アミノの皆さん,申し訳ありませんでした。
皆さんお疲れさまでした。

沿道で応援してもらったたくさんの方々,家族にも感謝します。
ありがとうございました。




















 

12月3日(木) 本番前の仕上げ

新都心公園(1kmjog(5’23)+5kmdec.(5’15(‐15/km): 5'13,5'01,4'33,4'27,4'13) 曇 20℃

NAHAマラソン前の最後の練習です。

この日は,練習量をさらに短くして6km。その代り,5kmdecendingを行いました。

5'15から15秒ずつ短くする予定でしたが,3本目で一気に上がってしまいました。
5kmの走りと4'30の走りはずいぶん「モード」が違うように思います。

最後に4'15は無理かと思っていましたが,何とか上げることができました。

練習量は多くはありませんが,それなりに調子は上げてきたと思います。
本番が楽しみです。

12月1日(火) スピード練習

新都心公園 (1kmjog(5'30)+3km(4'12,4'18,4'25)+1kmjog(6'59)+3km(dec: 5'05,4'43,4'28) 8.23km) 曇 19℃

NAHAマラソン1週間前となり,距離を短くしてスピード練習に切り替えました。

新都心公園の3kmコースを2周とちょっと。

1本目の3kmはとにかくできるだけ速く,というつもりで走りました。
体が重く,中々スピードが維持できませんでした。

ちょっときつい感じがしたので,2本面は5'00,5'45,4'30を意識したdecendingで3km走りました。

1本目がちょっと狂いまいましたが,おおよそ目標通りに走れました。

疲労を残さないよう,十分ストレッチをして練習を終えました。

ちなみに,11月の月間走行距離は,125.76kmでした。


11月26日(木) 大慌てで

大平コース(10.01km) 48'26(4'59/km) 曇 19℃


この日は午前中の講義が休みだったため,朝少し余裕があると油断していました。

前日遅かったこともあり,つい油断してうとうとしていまし,気が付くと予定より30分も遅くなっていました。走るかどうか迷ったのですが,本番に向けてスピード練習をしたくて,急いで支度して出かけました。

全区間を5分切るスピードで走ろうと思って出たのですが,のぼりが続く2~3km地点(沢岻から陽明高校付近)で早くも5'06と失速。

それでも気を抜かず,その先は5分を切って走り切り,気が付くと,このコースでは最速タイムとなっていました。

このコースではもう5年以上練習していますが,その中でも最速のタイムを11秒ほど更新していました。

調子は悪くなさそうです。

その後は,整理運動もままならず職場に急行しました。

11月23日(月) NAHAマラソン前最後の30km走

新都心公園-牧志-国場‐真玉橋‐豊見城交差点‐Wing City‐照屋(東)交差点‐イトマンロータリー‐名嘉地‐赤嶺‐奥武山公園‐泊交差点‐新都心公園 (30.84km) 2'49"36(5'30) 曇(24℃)

連休最終日。
予定されていた仕事がなくなったので,朝から走りに出ることができました。

南部方面に出て,NAHAマラソンの後半のコースを出きるだけ走りたくて,上記のようなコースを設定しました。

1週前の疲れも出るかと思いましたが,思ったより体は軽く,5'30/kmを意識しながら順調に走ることができました。

コースは,事前に「キョリ測」を見ながら設定します。
大体は車で走ったことのある道なので,「あの辺で右折ね」など頭に入れて走り始めます。

豊見城交差点で,5差路をどちらに進んでいいか迷いました。車だと迷わないのですが,走ってここを通る時には,以前も間違った経験があり,慎重になりました。
Wing Cityが見えた時にはホッとしました。

その先も,長く緩い上り坂を経ると一気に下ります。ペースもぐっと上がりますが,ここで勢いづくとまた右折場所を間違えそうになるので,注意が必要です。
照屋東を曲がるまでにはいくつもの交差点で「ここか?」とドキドキしました。

イトマンロータリーに出ると,あとは勝手知ったる道です。
NAHAマラソンだと31kmくらいでしょうか。この練習コースでは15kmくらいです。
できるだけ5'30を切らないようにと思ってペースを意識して走りました。

結局,名嘉地を左折して最初のファミマで休憩するまでは,5’20以内で走ることができました。

休憩もそこそこに,赤嶺までの上り坂。本番はここでダウンしないように頑張りたいです。
この辺も,何とか5’30前後で乗り切ることができました。

奥武山公園は産業まつりかなんかが開かれていて大賑わい。中には入らず周囲から伺いながら,帰路につきます。

泊から新都心公園までの坂が一番きつかったですが,足を止めずにゴール。

3時間以内を目標にしていましたが,思ったよりいいタイムで走り切れました。

本番も,この調子でいきたいです。

2015年11月22日日曜日

11月20日(金) 長い一日の始まりに

大平コース(10.06km) 52'25(5.13/km) 晴 28℃

金曜日は夜のゼミが19時から日をまたぐまで続く長い一日です。さらに,一日研修の講師もあり,これも結構疲れそうです。走るなら,いつもより20分は早く出なくてはなりません。そんなわけで走るかどうか迷ったのですが,前日朝お腹の調子が悪く走れなかったので,思い切って走りに出ました。

いろいろ走りたくないいいわけがあるからか,結構頑張って走っているつもりでも,思いの外ペースが上がりません。

前半は無理してペースを上げようとしましたが,後半はあきらめて,とにかく走りきることを目指しました。

ストレッチも程々に,仕事に向かいました。

那覇マラソン前に,あと1回くらい20km以上の長距離を走っておきたいところです。

走った後は一日汗をよくかきますが,研修会会場のホテルはエアコンがよく効いており,助かりました。



2015年11月16日月曜日

11月15日(日) 30km走

ライカム-美里-池武当東-ももやま通り-球陽高校-ライカム-石平-第一安谷屋-琉球大学東口-琉球大学南口-我如古(南)-大平-古島-新都心公園(33.5km) 3'21''57(6'02) 晴 27℃

昨日,AVRCの練習会では3時間走がありました。

私は残念ながら仕事で参加出来なかったため,せめて自分で30kmくらいは走ろうと,家族でライカムに買い物に行ったついでに,自宅まで走って帰ることにしました。

でも,ライカムから走って帰っても20km程度しかないため,沖縄市を北上し,沖縄マラソンコースの一番しんどいあたりを走ってライカムまで戻ってきて,それから自宅を目指すことにしました。

走り始めから身体が重く,先週20km走った疲れがまだ残っているようでした。
しかも,久しぶりにこの日は日差しが強く,暑さも手強かったです。
さらに,最近の暴飲暴食がたたって,内臓がだいぶ疲れているようでした。

それにしても,沖縄マラソンのコースに出て,池武当東から第一安谷屋までは本当に辛かったです。沖縄マラソンでは,その前に25km走った後だからここは辛いのかと思ったら,元気な状態でも十分辛い箇所であることが分かりました。

沖縄マラソンの25kmから35km地点あたりですが,上り坂では8分かかることもあります。
さすがに6分程度では走りましたが,逆にここで足を使いすぎ,第一安谷屋を右折して,北中城の拘束入り口を過ぎたあたりからは足が止まってしまいました。
結局,このあたりでは7分/1kmくらいかかりました。

途中コンビニで休憩しましたが,異様に身体が熱く感じました。
15時半頃出発しましたが,琉大に近づく頃にはすっかり日も暮れて,あたりが見えづらくなってきました。

度付きサングラスをして走っていましたが,サングラスをすると真っ暗だし,外すと近眼でやはり見えず,おっかなびっくり走りました。

琉大を通過したココストアで再度休憩を取りました。
ここからはよく走るコースです。あと10km。

コースも平坦になり,若干下り。いつもスピードを上げられるところなので,なんとかスピードを上げようと思いますが,完全に日も落ちて,足下が全く見えず,上手くスピードが上げられません。

大平ICに近づいて,漸く外灯が一定間隔に立ち並ぶようになり,疲れた身体にむち打ってラストスパート。

そうは言ってもギリギリ5'30/1kmのペースで,ヨロヨロしながら新都心公園にたどり着きました。

長距離走ると,よく関節痛などに見舞われましたが,今回はそれもなく,疲労感と胃痛だけですみました。

本番までに,あと1回くらい20km走をしたい所ですが,いつ時間が取れるか・・・

出来る限り仕上げて,本番を迎えたいところです。

11月12日(木) ペースを上げて

大平コース(10.21km) 50'03(5.02/km) 晴 28℃

NAHAマラソン本番まで1ヵ月を切り,中々練習を出来ないことに若干焦りを感じ,少しペースを上げて走ることにしました。

ずいぶん涼しくなって,走りやすくなっています。

走り出して,最初は身体が重かったのですが,徐々にペースが出てきました。

2km過ぎあたりで残り全てのラップで5分切りをしようと思い,ペースを上げましたが,5kmの浦添競技場あたりで5分1秒となりがっかりしました。

それ以外は5分切りで走れたので,まあよしとしたいと思います。

走り込める時期も限られるので,出来るだけ走れるときに走りたいと思います。

2015年11月9日月曜日

この間の記録・・・

9月,10月は出張が多かったこともあり忙しく,なかなか練習もできませんでした。

でも,そんな中でも少しずつは走っていたのですが,それを記録する暇もありませんでした。

11月に入って少しずつペースを取り戻しつつあります。

とりあえず,前回の更新から昨日までの練習記録をまとめて記載しておきたいと思います。

(8月月間:31.05km)

9月3日(木) 新大平コース 10.11km 56'55

9月7日(月) 富山駅周辺 12.39km 71'40

9月9日(水) 富山駅周辺 11.68km 63'58

9月12日(土) アミノ練習会 15.41km 1'23''57

9月21日(月) 新都心公園で子どもと 3.26km 28'53

9月26日(土) 大平コース 10.02km 53'58

(9月月間:62.86km)

10月1日(木) 大平コース 10.16km  56'55

10月8日(木) 大平コース 10.08km  51'57

10月31日(土) 琉大コース+α 23.73  2'30''08

(10月月間:43.97km)

11月5日(木) 大平コース 10.12km  50'38

11月8日(日) 琉大コース 21.16km  1'56''56

NAHAマラソンに向け一番走り込みたい10月に出張が続き,大きくブランクが出来てしまいましたが,そこはこれからできるだけ取り返したいと思います。


2015年8月27日木曜日

8月22日(土) 日和ってしまって

いゆまちー那覇西道路コース(8.45km) 50'24(5.58/km) 曇 30℃

この日,本当は,AVRCの駅伝大会があったのです。

ですが,ひざの調子が思わしくなく,参加してもちゃんと走れないんじゃないか,無理して3kmダッシュして悪化したらどうしよう,と気になり,駅伝大会には参加せず,一人で練習することにしました。

せっかくの駅伝で,行ったら楽しかったのに,とおもうと,残念でなりません・・・

みなさんがいる新都心公園に背を向け,海側を走ります。
やはり,特に右膝の十字靱帯のあたりが腫れているような感じがして,少し痛みもあります。
スピードはかなり抑えて,リハビリと思って走りました。

あーあ,駅伝大会でたかったなぁ。

これから9月,10月も週末は殆どぎっしり予定が詰まっています。
今度はいつ練習会にでれるでしょうか・・・

とりあえず,NAHAマラソンの抽選には当たったので,その時には皆さんと一緒に楽しく走れるよう,出来るときに自主連を重ねたいと思います。


2015年8月24日月曜日

8月20日(木) リハビリラン

新大平コース(10.28km) 58'16(5.40/km) 晴 32℃

瞑想リトリート開けの,リハビリランが続きます。

前回の練習終了後,すぐにブログを更新しましたが,その後,徐に膝が痛み始めました。なんか,膝が腫れた感じがしました。

マッサージなどして,翌日にはその違和感は収まりましたが,やはり瞑想会でずっと足を組んで座っていた影響か,膝がおかしくなったようです。

そのようなわけで,リハビリがてら,ペースを落としていつものコースを走りました。

3kmくらいで,右膝のサラが腫れたように気になりだし,そのまま,「走れない訳じゃないけど少し痛い」状態で10kmを走りきりました。

瞑想とマラソン,両方とも続けていきたい活動ですが,あまり相性は良くないのでしょうかねぇ。

2015年8月18日火曜日

8月18日(火) 久々の朝ラン

新都心公園コース2週(6.13km) 33'01(5.23/km) 晴 31℃

出張から帰ってきて,久しぶりに朝ランしました。

出張は,ずっと座りっぱなしでほとんど全く体を動かさない活動をしていたので(興味をお持ちいただける方は,マインドフルネスブログで順次様子を紹介していきます。ご笑覧下さい),相当身体がなまっています。しかも,ずっと坐禅のような形で足を組んでいたので,膝の十字靱帯が伸びきっているような気がして,歩いていても止まりが利きにくくなったような気がします(あくまで気のせいです)。

そのようなわけで,身体を徐々に慣らしていくため,今日はとりあえず6kmを目標に走りだしました。

最初の1kmですでにバテたときのような呼吸になります。
腰も落ちて,インナーマッスルのヘタリを感じます。
姿勢を正して座っていたので,上半身だけはいつもより姿勢が良くなっている感じがします(笑)

いろいろ身体の変化を観察しながら走りました。

走り出しに気になっていた膝もどうやら大丈夫そうです。

これから,また定期的に走れるよう頑張っていきたいと思います。

8月5日(火) 出張前にひとっ走り

いゆまちコース(6.20km) 32'17(5.13/km) 晴 32℃

今日から12日間,出張となります。
出張のためにこれまで忙しくて,石垣以降全然走れていませんでしたが,出発の朝に少しだけ時間ができたので,急いで走りに出ました。

新都心公園から安謝の交差点を経て,安謝港内を通過していゆまち,泊高橋,小金森公園と回って新都心公園に戻ってくるコースです。

一応時間を気にして急いで走り,整理運動もそこそこに出かけましたが,飛行機の時間はぎりぎりで,空港まで送ってもらった奥さんに怒られました(汗)

ちなみに,7月の月間走行距離は,86.94kmでした。

2015年7月26日日曜日

7月25日(土) 石垣島!

石垣島(ホテル(石垣港)付近)ー730記念碑ー真喜良小ー石垣リゾートグランウィリオ前ー観音崎ー79号線ーなたつ橋ーホテル日航八重山前ー農高前ー730記念碑ーホテル) (15.17km)
1'22'44(5'27) 晴 32℃


石垣島で走る機会を持つことができました。

この日は,石垣島で研修会講師をする仕事があり,当初は当日入りで日帰り出張の予定でした。

ですが,台風12号の影響を考慮し,前日の24日に石垣島に入り,25日に仕事をして,翌26日の朝一で帰るスケジュールに直前に変更したのです。

おかげで,25日の仕事後にフリーの時間ができ, 石垣ランを決行したのです。

走り出したのは19時過ぎで,すぐに日が暮れ始めました。

リゾートホテル街で海沿いの道に出ると,目の前に竹富島が見えました。






このあたりはまだ5km地点。

走る前に地図上でコースを確認したときには15kmくらいありそうだったので,暗くなってくると不安になります。

でも,夕暮れの海辺はとてもきれいで,走っている人もちらほらいました。





観音崎の灯台です。

以前観光に来たとき,たしかホテルに一番近いのに行けなかったスポットだったと思うので,いけて良かったです。


しかし,この後国道79号線に出る頃には完全に日が沈み,あたりは真っ暗に。

街頭もなく,車もほとんど走らない中,月明かりだけを頼りに走りました。

異様に長く感じましたねぇ・・・



やっと繁華街に戻ってきて,日航八重山の付近に来ると,居酒屋の前で勇壮なおじさん達がエイサーをやっていました。

しばらく見とれていましたが,早く帰らないと夕飯を食べ損ねます。

最後スパートをして,結局15.17km。地図上で目測したのとほとんど同じ距離でした。

今回は仕事の出張だったので観光はできませんでしたが,走れたのはとても良かったです。台風のおかげで思わぬ広いものでした。

実際には本島もほとんど台風の影響がなかったと言うことで,とんだ肩すかしでしたが,まあ,日頃頑張っているご褒美というところでしょうか(笑)

夜は居酒屋で珍しいものを食べました。
アダンの天ぷら。

香りのないタケノコのような感じでした。
おいしかったです。

7月23日(木) 腰が,膝が

新大平コース(10.09km) 53'41(5.19/km) 晴 31℃

今日も汗の噴き出る暑さの中走りに出ました。
でも,だいぶ暑さにも慣れてきた感じがします。

ここ最近腰が痛く,自分でマッサージをしてもなかなか痛みが取れません。

座り仕事の時間が長くなると痛むことが多く,確かに最近仕事が忙しいのですが,今回はそれだけではないかもしれません。

走っていると,一歩ごとに腰に響きます。
その上,後半は膝も痛くなってきました。
膝はサポーターのおかげで,最近はほとんど痛みを感じることがなかったのですが,久しぶりに痛みが出てきました。

やはり,靴のせいでしょうか?

柔らかくなった分,足腰を保護する機能が落ちているようにも思います。

私は関節が弱いので,保護機能の高い靴を履いた方がいいのかもしれません。

いやでもまだ,疲労の影響も捨てきれません。

もう少し走り込んで様子を見たいと思います。

2015年7月20日月曜日

7月19日(日) 久々の20km走

琉大コース(21.14km) 1'56'56(5.32/km) 雨 29℃

久しぶりに20km走ろうと心に決め,朝早く起きたのですが,あいにくの雨。
今日は無理かと思っていたら,午後には雨はやみそうな天気予報。

午前中そんなに降ってもいなかったので,このまま大丈夫だろうと午後に家飛び出すと,悲しいことにで出た瞬間から雨が降り始めました。

その雨はやむどころか徐々に強くなり,すぐに体の芯までぐしょ濡れになりました。

雨で体が熱くならないのはいいのですが,久しぶりの長距離と言うこともあって気持ちがのらないせいか,最近ストレス食いで太ったせいか,スピードが上がりません。雨もこの時期にしては冷たく感じ,20km走りきれるか不安な思いで首里から坂田に向けてひた走りました。

琉大を半周して,いつもコンビニで休憩するのですが,ずぶ濡れで店に入るのも申し訳ないと思い,軒先で少しだけ休憩をしてすぐに帰路につきます。

後半,右足に違和感が出始めます。

私は足の人差し指が長く,普段から爪一つ分くらい親指よりも出ています。
それが,走るとさらにニュッと伸びるようで,途中から右足の人差し指が靴のつま先に当たって痛くなってきました。

この足の形のせいでいつも靴選びは悩まされます。

足幅に合わせるとサイズが合わず,つま先に余裕を持たせると足幅が広すぎます。
しかも,今回の靴も,普段なら人差し指が当たることはないのですが,走っているうちに「伸びてくる」のです。

土踏まずのアーチが疲労で落ちてきたり,靴の中で足が前方にずれることが「伸びてくる」と感じる要因かと思いますが,とにかく爪が当たって痛い。

その上,それをカバーして走ろうとしていたのか,おしりと右膝にも痛みが出始めました。

足底が柔らかい分,走りも若干ワイルドになった気がしていました。
そのツケかもしれません。

この日はてだこ祭りで,浦添競技場付近では,雨の中を浴衣で歩く若者達があふれていましたが,その合間を抜けて走る頃は痛みのピークでした。

何とか最後まで走りきりましたが,右足人差し指の爪に若干血豆のようなものができていました。

雨が降って靴の中で足が動きやすかったとは言え,ハーフで,このスピードでこんな感じです。
大会をこの靴で走れるのか,一抹の不安がよぎりました。

でも,久しぶりにハーフを走れて気持ち良かったです。

ゴールしたとたんに,雨がやみました。



7月16日(木) 靴の評価 二日目

新大平コース(10.13km) 54'07(5.21/km) 晴 31℃

この日はいつもより若干涼しかったものの,日差しは相変わらずでした。

新大平コースの往路はパイプライン沿いを走るので,石畳があったり左右の傾斜があったり,脇道から車が出てきたりと,足に負担のあるコースです。

靴もだいぶフィットしてきました。

靴底が柔らかいため,薄いのかと思いきや,石畳のでこぼこを感じるようなことはなく,決して薄いわけではなさそうです。

車が出てきたりしてもグリップ力もあり,しっかり止まれます。

突っかかって転びそうになるのはいつも左足です。走り方の癖のせいでしょうか。

もう一つ,これまでの靴底は堅かったので,そのバネが走りの助けになっていたような気がして,そのバネがないので,スピードも遅くなるのではないか,と不安に思っていましたが,タイムを見ると決していつもより遅いわけではありません。

むしろ,ちょっとペースを上げようと思うとしっかり足がついてくる感じがします。

二日目の評価としては,案外悪くなさそう,という感じでした。

7月11日(土) ニューギアデビュー!

畑コース(10.17km) 54'090(5.19/km) 曇 33℃

新しい靴のデビューは,家族と畑作業の道中でした。

今まで,新しい靴を履くと必ず足の底がいたくなったりマメができたりしていましたが,この靴は全くそれがありません!

足の感触は,地下足袋を履いているような柔らかさで,足の甲もすっぽり包まれる感じです。

最近は堅いソールで固めて走っていたので,この柔らかさが気持ちいい反面,裸足で走っているみたいで不安感もあります。

若干膝や腰が痛くなる感じもあります。

まだ足にフィットしていないせいか,上り坂で3回ほど躓きました。

畑作業を終えて下りでは転ばないよう慎重に走りました。

靴の評価を下すにはもう少し時間が必要です。

2015年7月10日金曜日

7月9日(木) ギアチェンジ


今日は台風です。

夜,風が強くなり仕事場を追われて,でも自宅には子どもの友達が遊びに来て,食事をしているとの。邪魔するのも悪いと,しばらく時間をつぶす場所を探しあぐねていたところ「そうだ,シューズを買おう」と思い立って,DEPOに行きました。


これまでお世話になってきたaddidas adizero Japan boostは,さすがにかかとが限界に来ていました。

私はかなりオーバープロネーション(がにまた)の走りなので,この様になってしまいます。

矯正靴底を入れて何とか補っている状態です。

いやでも,ほんと,お世話になりました。


さて,靴探しです。
オーバープロネーションの人向きで,27cm~27.5のサイズの靴は全て足を通しました。

1時間近く検討した結果選ばれたのが,これです。

Under Armour Speedform Apollo。

これまでの靴と違って,足にやたらぴったりと吸い付きます。

靴底も柔らかく,不思議な感じです。

今はやりの,クッション&反発機能を有していると言うことです。

4月16日の「シューズの進化」の回に書きましたが,これまでの「脚を矯正する」考え方から,「脚本来の力を活かす」という考え方に,最近は変わってきていると言うことです。

とりあえず流行に乗って,ということもありますが,本当に履き心地がよかったのが決め手です。

早く走りに出たい!
台風が過ぎ去らないかなぁ。


7月5日(日) 食べ過ぎで

大平コース(10.07km) 59'30(5.54/km) 晴 33℃

この日は,夕飯を少し早めに外で済ませました。

その後,不意に時間ができることとなり,慌てて着替えて走りに出ました。

心も体も準備が整わず,胃袋だけが過剰に満たされた状態で走り出しましたが,案の定,苦しいものとなりました。

普段は朝走るので,日差しはどんどん強くなりますが,風もあります。

でも,20時を過ぎると,さすがに日は出ていませんが,その代わり風もありません。

夜になっても大して気温が下がらない沖縄ですので,蒸し暑いことこの上ありません。

さらに,すき家で食べ過ぎた牛合い掛けカレーが今にもせり上がってきます。

5km過ぎからは,走ったり歩いたりの繰り返しでした。

高校の頃は,昼食を5分で方張って,そのままプールに飛び込んで8kmとか泳いだものですが・・・もう若くはないと言うことでしょうか。

ちゃんと心身の状態を整えて走りたいものです。

7月2日(木) やっぱり沖縄・・・

新・大平コース(10.17km) 56'42(5.34/km) 晴 32℃

先週末の皇居ランの余韻を残したまま,元気に走り出しました。

最初の1kmは快調に5分を切るペースで入りました,が,それは間違っていました。

この湿度,気温でこんなにペースを上げるものではありませんでした。
3km過ぎには呼吸が苦しくなり,だるくて足も上がらなくなりました。
水分もいくらとっても満たされた感じがしません。

一応日陰の新大平コースでしたが,地面の悪さだけがやたらと気になりながら,ダラダラと走ってしまいました。

こんなはずじゃなかったのに,トホホ。

まあ,とにかく,走れただけでもよしとしたいです。

ちなみに,6月の月刊走行距離は60.87kmでした。

2015年7月1日水曜日

6月27日(土)皇居ラン

この日は,東京出張でした。
またアミノの練習会に参加できませんでした(涙)

虎ノ門で15:30まで会議があり,沖縄行き最終便まで時間があります。
ここで走らない手はありません!

準備万端整えて,日比谷のランニングステーションの前に立ったとき,妻からメールが・・・







・・・

がーん!!

やはり忘れ物をしていました。

しかも肝心なGarmin!!

ショックです。



でも,落ち込んでいる暇もないので,急いで走り出しました。

ランステから祝田橋付近まで約5分,そこから一週4,950m(約5km)を2周します。

かなり湿度は高かったですが,気温は27℃。最近の沖縄ランを考えれば,涼しい方です。
がんがんスピードを出していきます。

Garminがないので分かりませんが,体感的には4'30/kmくらいで走っていたと思います。

それでも,追い抜いていく人はいますね。

 桜田門付近ではよく分からない集団が万歳をして写真を撮っていましたが,万歳シーンは取り損ねました。

1周目は24分ジャスト。

途中トイレによった時少し時計を止め忘れたので,もう少し早かったかも。


2周目はもっとペースアップ!





曇っていましたが,湿度は気になります。

でも,周りが真剣に走っていると,こちらも刺激されます。

結局,2周で47分4秒でした。

10kmとすると,4'42/kmペースということになりますでしょうか。

久しぶりにハイペースで走れ,すっきりしました。

集中して走る楽しさを久しぶりに味わった気がします。


 日比谷公園の池の畔で大慌てでストレッチをして,ランステへ戻ると,,,

タオルも忘れていました・・・

生乾きの身体で山手線へ。


でも,楽しかったです!

2015年6月23日火曜日

6月21日(日) THE EKIDEN大会

今シーズンを締めくくる,ORCA「THE EKIDEN大会」が奥武山公園でありました。

3km×4区間,1.5km×1区間の5区間で競われます。
アミノからは4チーム出場し,私は「アミノメンズ」チームの2区を走りました。

今回は,娘もランナーとして参加させていただき,アミノBチームの5区を任されました。

当初曇りか雨という天気予報でしたが,予想通り(?)強い日差しが降り注ぐ,いい天気になりました。気温は31度。

スタートは9時半。
100チームくらいはいましたでしょうか。
中には琉球大学陸上部チームなどもあり,ハイペースチームから徹底して歩くチームまで,いろいろでした。

うちの1区はエースで,がんがん飛ばします。
「あまり頑張られると,2区で抜かれ続けることになるから程々に~」
などと弱気な応援もしておりましたが,タスキを受け取ると,一気に闘志がわいてきました。

やはり周りのランナーも速いので,最初は周りについて行くと2'50の異常なペースでした。

200mくらい進んで,落ち着いて自分のペースを取り戻そう,と思い,前が離れていくのを思いきってあきらめ,4'00/kmくらいに落としました。

一気にスパートしすぎたせいか,急に寒気,吐き気がおそってきます。
それを気にしていたら,700mあたりでは,いったん4'25までペースダウンしてしまいました。

あっという間に周回コースの1周目が終わり,2週目に入ると,アミノBチームの2区走者が見えました。

とにかく,彼に追いつくことを目標に徐々にペースを上げ,2週目の最初の直線を終えたあたりで追いつきました。

しかし,彼も必死にくらいついていきます。

タスキをもらったときから併走してきた黄色いタスキの人と,彼と私と,3人のデットヒートが200mくらい続きました。

やがて,彼がついて来れなくなると,今度は黄色いタスキの背中をひたすら追いかけて走ります。

テニスコートのあたりで,黄色いタスキ氏は,チームメイトから給水を渡されていました。
それで元気になったのか,向こうはラストスパート。
それに着いていくことができず,結局背中を見たまま3区にタスキリレー。

結果としては,距離は2.6km。時間は10'47で,ペースとして4'09というところでした。

3年ほど前にアミノの駅伝で3kmを走ったとき,12'28だったように記憶しています。
あちらの方が若干3kmより長いので,その頃と同じか,若干落ちたタイムと言えますでしょうか。
でもまあ,予想よりはいいペースで走れたので満足です。

チームのメンバーは,その後も健闘し,無事ゴール!
妻がタイムを計ってくれていたのですが,記録する前に消えてしまいました。残念(>_<)

私がゴールした後は,娘の応援です。

一緒に伴走しようか,と提案しましたが,「ストーカみたいについてくんな」と偉そうなことを言います。

練習の時には,お腹が痛くなると止まってしまったりしていたので心配していましたが,とにかく一人で走らせました。

4区のおじさんからタスキを受け取ると,全速力で走り出します。
周回コースに消えていくと,しばらく様子は分かりません。
800mの公園あたりで応援に行くと,思ったよりも早くあらわれました。
手を振り余裕の表情です。

そこから,500mほど併走しました。
同じチームのSさんも一緒に応援してくれます。

本人は,表情一つ変えず前を見据えて走っています。
走り方も,練習の時とは大違いです。

少年野球場に入り,ゴールまで50m。
さらにおじさんを一人抜いてゴール!
7'47で,ペースとしては,5'59で,6分を切りました!

最後までよく頑張ったと思います。

終わった後は,主催者から振る舞われるビールとオードブルで楽しく過ごしました。

これからしばらく大会はありませんが,地道に練習を重ねて,来季に備えたいと思います。

参加された皆様,お疲れ様でした。

2015年6月20日土曜日

6月18日(木) 一日限りの短距離練習

新都心公園 up(1km)+3km(4'30/km)+jog1km+1km(4'30)+jog1km+1km(4'30) 計8km 晴 32℃

週末のTHE EKIDEN大会に備え,3km走の練習のつもりで,少しメリハリをつけて走りました。

本当は,もう少し長い距離走るつもりだったのですが,出がけにバタバタして,出るのが遅くなってしまいました。

最初の3kmは,4'21,4'43,4'28と,何とかトータルで制限タイムに間に合いました。

そのまま止まらずにスローjogで呼吸を整えつつ,1km走を2回やりました。

しかし,こちらは4'44,4'53と撃沈(泣)

週末がどうなるか心配です。

目標は13分切りでしょうか。

頑張ります。

2015年6月15日月曜日

6月14日(日) 子ども達と

新都心公園 5週 (4.5km) 31℃ 晴

長女が来週末のThe EKIDENに出走すると言うことで,その練習も兼ねて,家族で新都心公園に走りに行きました。

長女と私が,最初に2週,本番の1.5kmを想定して一緒に走りました。
長女も久しぶりに走って,予想以上に暑いことに苦戦して,「もうやめる」「走りたくない」などと悪態をついて止まったりしていましたが,なだめすかしたりしてなんとか2週完走。6'47/kmは,あやはし海中ロードレースの時のラップより遅いタイムですが,この気温では仕方ありません。

次に,長男の自転車走を援助しながらさらに2週。
ちょっとした上り坂でもヨロヨロしてしまうので,部分的には背中を押しながら走らなくてはなりません。

最後に,家族4人で1週競争をしました。

そこでも長女は妻においていかれふて腐れていましたが,とにかく走ることが大事だと諭すと徐々にペースを上げ黙々と走り出しました。

長男は下り坂で調子に乗ってスピードを上げますが,それに着いていくようにペースを上げるうちに,妻に迫ってきていることが分かると,一気に加速。

ついに妻を抜き去り,長女がトップでゴール!

妻が気を抜く間に,長男の自転車の背中を私が押して走り,ゴール前で妻を抜き去り,長男が2位。

暑かったですが,子ども達も妻も,頑張って走りました。

私の方は,お付き合いだったのですが,帰って体重計に乗ると,体脂肪率がずっと14%を切れずにいたのがついに13.3%に。
昨日の村田コーチのしごきがよかったのですかね。

6月13日(土) アミノ練習会

AVRC沖縄 練習会 新都心公園周回3周(2.6km)×4セット ビルドアップ走 10.2km 32℃ 晴

寝不足のふらつく頭で新都心公園に到着し,ウォームアップを終えると,いつもと違う動きがあります。いつも,といっても,練習会に参加したのは今年で3回目くらいですが。

村田コーチが「サブ3.5はこちら,サブ4はこちら」とクールに仕分けをしてます。

かなり遠いですが,私も目標はサブ3.5なので,そちらの輪に進むと,

「ビルドアップ走,6'00/km,5'30/km,5'00/km,4'30/km。」とのこと。

4'30!

この炎天下,久しくそんなスピードで走っていません。
そんな無茶な・・・あり得ないでしょ・・・
自分のペースで楽しく走るのがアミノのモットーじゃなかったの!?

でも,高校時代の体育会系なモードが高まってきて,そういうのは嫌いではありません。

公園の周回コースは1周850mなので,周回換算にすると,1周あたり5'06,4'40,4'15,3'49だそうで,これを目安に3周×4セット。セット間インターバルは1分です。

サブ3.5チームは7名ほどでしたでしょうか。
最初の1セット目から,以外ときつくて汗が噴き出ます。
でも,みなさんは涼しげに走られている様子。
やばい。

2セット目からはNOJ大先輩も加わって,先輩は我々の集団よりもどんどん先を行きます。
みんな「早すぎる,もっとゆっくり行こう」なんてペースを気にしながら走っていましたが,さすが大先輩。すごい。

なんとかこなして,やっとゴールすると「休憩40秒ね」とコーチの鬼ぶりが炸裂。
「私の20秒をなんだと思ってるんだ!」
などと心の中で叫びながら,でも口答えするもなくスタートしました。

3セットめ。肌を刺すような日差しをかわすために,少ない木陰を追うように走りました。
このあたりで,脱落者も出始めます。
自分もこの調子では4セット目はきつそう。せめて3セット目までは着いていって,4セット目は無理しなくていいや,などと先の算段もしながら何とか終了。

ふり返れば,この頃から完全に弱気に入っていました。

4セット目は,1週目は何とか先頭集団に着いていけました。それでも,ペースは4'40/km(4'21),目標に遅れています。そして,2週目からは完全に先頭に置いて行かれました。残り2週は5分ペースでふらふらになりながらゴール。決して手を抜いたつもりはありませんが,最後は本当に体が動きませんでした。

先頭を走っていた皆さんは,みな実際サブ3.5をクリアした方々なので,ついて行けないのも仕方ないのですが,もうちょっといけたかもと後悔があります。

3セット目あたりでふと浮かんだ弱気な考えが,後半に影響したのでしょうか。

いずれにしても,日々の練習で,こうした緊張感を感じることはないので,いい経験になりました。




2015年6月11日木曜日

6月11日(木) 畑の水やり

6月11日(木) 泊大橋コース(10.19km) 57'29(5.38/km) 曇時々晴 31℃

梅雨だというのに晴れの日続きで,どうしても畑の様子が心配で,水やりrunに行きました。

もう,雲で日がかげっていてもうだるように暑い季節です。

その上,仕事の疲れが重なってきているためか,走ることに気持ちが前向きになれず,無理やり走りに出ました。一歩一歩ごとに身体が拒否反応を示します。

当然スピードも上がらず,それでも走らないよりはいいと思い,ダラダラと坂を登っていきました。

畑では15分ほど水やりの作業をして,後は下るだけです。

でも,下り道も体重が乗らず,依然スピードが上がりません。
重力に無理やり引っ張られてイヤイヤ走っているような感じです。

走り終えて木陰に入っても暑い。
これからこんな季節が4ヵ月以上続くと思うとげんなりです。

でもまあ,最低限週2回走っていると,徐々に体脂肪も落ちてきます。
汗もザブザブかきますし,シェイプアップにはいい季節かも知れませんね。

頑張ります。

2015年6月8日月曜日

6月7日(日)泊大橋コース

6月7日(日) 泊大橋コース(10.01km) 55'24(5.32/km) 曇り 30℃

久々に海を見たいと思い,以前から走っているコースの一つである泊大橋コースに出ました。

コースは,新都心公園-安岡-安謝-曙-安謝港の海沿い-いゆまち-泊大橋-那覇西道路出口-前島-泊小学校-おもろまちメディカルクリニック-小金森公園-新都心公園-県立博物館を一周して新都心公園へ,というコースです。

前半は5'20以内で快調に飛ばしていました。

日曜日の埠頭は作業がお休みで,人も殆どおらず,広い道を海を眺めつついい気持ちで走れます。

しかし,楽ちんだったのはそこまで。泊大橋の上りと下りで脚を使い果たし,前島に出るあたりではとてもきつくなっていました。

泊小学校付近では,日曜参観に通う子ども達の波にもまれ,ヘロヘロでペースも上げられず,ちょっとこのコースを選んだことを後悔しました。

おもろまちメディカルクリニックのあたりでは,同様の理由で登校する娘に走っている姿を見られ,後で「なんでヘラヘラして走ってたの?」と聞かれました。ヘラヘラしていたのではなく,ヘロヘロだったのです。

その上,走り終わった後にGarmin connectでデータを整理すると,泊大橋の高度が認識されておらず,平地を走っているようなデータになっていました。

階段と上り坂で結構しんどいのに,認識されないとちょっと寂しいです。

GPSは横の動きは細かく認識しますが,縦には弱いというのは本当なのですね。

6月4日(木) 時計を忘れて


ForeAthlete620J

6月4日(木) 大平コース(10km) 53'42(5.22/km) 曇り 29℃

朝,走りにでようと思ったら,ストップウォッチがないことに気づきました。
仕事場で充電をして,そのまま忘れてきたようです。

私が今使用しているのはGarimForeAthlete620Jという機種で,GarminのGPS機能付きストップウォッチを使い始めて,2代目になります。

先代のForAthekete405もよかったのですが,劣化でベルトが切れてしまいました。ベルト部分が本体と一体になっていたため,修理に結構費用がかかるということで,最後は切れた部分を紐で縛って使用している状況でした。

その点,620Jは本体とベルトが別々なため安心です。

その他,ランニングダイナミクス機能で,走行中の接地時間や歩幅など,細やかなアドバイスがもらえます。

Garmin connectでデータ管理も楽に出来るので助かっています。

その様なわけで,お気に入りのストップウォッチなだけに,ないとなるとテンションが下がります。

走るのを止めてしまおうかとさえ思ったのですが,本末転倒してはいけないと思い,仕事用の腕時計をして走りました。

ストップウォッチがないせいとは思いませんが,なぜかこの日はスピードが上がらず,ずいぶんのんびりなランになってしまいました。

なお,5月の月間走行距離は,61.39kmでした。

2015年6月3日水曜日

5月31日(日) 久々の。



5月31日(日) 琉大コース(21.21km) 1'58'50(5.36/km) 曇り 28℃

およそ2ヵ月ぶりに20kmランをしました。
自宅から琉大まで,往復するとちょうど20kmです。大学内を半周ほど走るとハーフマラソンのコースになります。

日差しはありませんでしたが,湿度が高く,不快指数はかなり高い中でのスタートでした。

前半は首里までひたすら上り,その後は坂田に向けて結構アップダウンのある道程です。
上りは6分10秒,下りは4分50秒,みたいに,ペースを守らず,完全に坂に任せた走りになってしまいました。音楽も聴かず,ただただ何も考えずに走っていたように思います。

クリックすると新しいウィンドウで開きます琉大を出て,コンビニで一休み。

たまたま見つけたのですが,キレートレモンにこんな商品が出ていたのですね。

キレートレモン エナジエ

新商品好きなので,早速試してみました。

ふつうのキレートレモンよりさらに甘みが少なく,少し苦みというかえぐみが強いか・・・

まあ,すっぱいものを欲していたのでよかったです。

5分ほど休憩して,気合いを入れて,再出発。

330に出るとそこからは殆ど下りです。

さほど疲れたり筋肉が張ったりする感じはありませんでしたが,いつもよりスピードが上がりませんでした。

やはり,練習不足でしょう。

少し膝が気になりだした頃にゴール。

久しぶりの長距離走で,気分転換になりました。

2015年5月30日土曜日

雨の中を

5月28日(木) 大平コース(10.06km) 52'59(5.16/km) 雨 27℃

朝からバッチリ雨が降りしきる中でしたが,前日は久しぶりにしっかり睡眠もとれ体調もバッチリだったし,ずっと走れない日が続いていたので,今日走らない理由はない!と,思い切って飛び出しました。

雨の中を走るのは嫌いではありません。
ハーフマラソンの自己ベストも,雨の中の尚巴志マラソンでした。
筋肉のエネルギー代謝効率が悪いのですかね。体温が上がって後半オーバーヒートで失速,というのがたいていのパターンなので,雨が身体を冷やしてくれるのはありがたいのです。

それでもやはり,路面によっては足を取られるのを気にしたり,水たまりを避けながら走るので,あまり走りに集中は出来ません。

服も水を含んで重くなります。

スピードは出せないながらも,とにかく走ることが出来てスッキリしました。

最近どんどん忙しくなってきて,走る時間がどんどん仕事に置き換わっていきます。

練習できる時間が貴重です。

2015年5月27日水曜日

涼しいと・・・

5月21日(木) 大平コース(10.01km) 51'12(5.07/km) 曇り 25℃

この日は薄曇り。気温も25度と涼しい一日でした。
このくらいの気温になると,急に走りやすくなります。
前半は抑え気味でしたが,後半にはどんどんスピードが上がり,久しぶりに51分台でフィニッシュ。
気温が少し上がるだけでペースが上がらなくなるのがおもしろいです。

それはそうと,アミノバリュー沖縄のHPのメンバーのページで,年齢別の順位のデータを調べていただきました。それによると,私は,3'56'59で,沖縄で32位,全国だと2,536位だそうです。
おもしろいデータですね!

これが速いのか遅いのか分かりませんが,大きな桁の順位を見ると,浪人時代の模試の成績などを思い出します。自分の位置づけが分かるようで分からない。不思議な感じです。

来期は,この順位を少しでも上げられるよう,今から頑張っていきたいです。

2015年5月18日月曜日

5月18日(月) 新コース

5月18日(月) 新・大平コース(10.08km) 56'58(5.39/km) 晴れ 30℃

ついに気温が30度を超えました。
直射日光を浴びて走るのは辛いので,建物の陰を走るため,コースを若干変更しました。

古島から330に入らず,そのままパイプラインを直進し,バンボッシュのあたりからサンエー,ファミマを経由して330に出ます。そこから浦添競技場を回ったら,帰りはいつもと同じ330沿いを走ります。距離は殆ど変わりません。

日陰を走るのはいいのですが,道は悪く,交差点や信号も多く,さらに人通りも多いため,あまり走りに集中出来ません。しょっちゅう止まるので,スピードが出せない状況です。そんな訳もあり,また暑いこともあり,最近の練習のタイムは右肩下がりです。

でもまあ,暑さに負けて走るのをやめるよりはいいですし,どうせ暑くてスピードも出せないので,しばらくはこのコースで行きたいと思います。

2015年5月15日金曜日

2週間ぶり

5月14日(木) 大平コース(10.05km) 54.20(5.25/km) 晴れ 28℃

GWをはさみ,気がつけば2週間ぶりのrunでした。

GWは家族で旅行に行ったり,出張があったりして,殆ど走れませんでした。食べ過ぎのGWだったせいもあり,身体はぶよぶよです。

これから頑張って走ろう,と思いましたが・・・暑い!

日に日に暑くなるこの時期に走らない時期が長く続くのはよくないですね。前半こそ5'09,5'13といいラップでしたが,後半はへばって,最後の1kmは5'52とずいぶん落ち込んでしまいました。

5月も半分過ぎてしまいましたが,これからはまた定期的に走っていきたいです。

ちなみに,4月の月間走行距離は74.35kmでした。

月間100kmコンスタントに走れるようにするのが目標です。

2015年4月29日水曜日

スローペース

畑コース(10.83km) 58'47(5'26) 曇り時々雨 23℃

今日も畑の様子を見に首里まで坂登りです。

休日と言うことで気が抜けたのか,上りでは全然スピードが上がりません。スピードを上げる気が起きないというか。

行きの儀保付近では6'25/km。普段坂道対策でこのあたりを走るときよりも30秒近く遅いペースです。まあ後に授業があるわけでもないので,無理をせず,走りたいペースを大事にました。

気温はそれほど高くありませんが,結構な湿度です。

畑では,思いの外時間がかかりました。

下りは一気に駆け下ります。那覇市立病院あたりでは4'10/km。道路が濡れているので滑らないか心配しながらもスピードは緩めませんでした。

今年は気温の上昇が例年より緩やかな感じがしますが,気温が上がらないうちに,もっと真剣に走っておけばよかったかな,と走り終わって少し後悔しています。


そういえば,月曜日の新聞に,週末の残波駅伝の様子が載っていましたね。
うちのチームの皆さんの写真も出ていて,頑張った様子が伝わってきました。
去年もそうでしたが,晴れていて暑かったのではないでしょうか。
参加された皆さん,お疲れ様でした。

2015年4月23日木曜日

2週間ぶりの

畑コース(自宅-おもろまち-サンエー真嘉比-那覇市立病院-鳥堀-海邦高校(畑)-那覇市立病院-古島-新都心公園) 10.82km(57'12: 5'18) 晴れ 25℃

喉風邪もようやく落ち着き,2週間ぶりに走りに出ました。

20歳頃から喉が弱くなり,年に数回喉を傷めます。最初はのどの痛みから始まり,鼻声になり,扁桃腺が腫れて熱が出た後,咳と痰が出ながら徐々に落ち着いてくる,というサイクルがあります。ちなみに今は,咳と痰が収まりつつあるステージです。

畑を始めたので(Mindful Way through GITOKU はるさー!),その様子を見に向かいます。

2週間開くとすっかり体がなまっています。

ヘロヘロしながら,前半は坂を上りっぱなしです。
日差しも着実に夏に近づきつつあるのを感じます。

鳥堀までは坂道練習用のコースの一部なので,距離を知っているつもりだったのですが,うっかりしていました。往復8.5km位だと思ってスタートしたのですが,畑まで5.5km。片道1km誤って見積もっていました。

畑では植えつけたばかりの苗の様子を見て,ちょっとした作業を終えてすぐ帰路につきました。

帰りは環2の坂を一気に下ります。

結局いつもより距離も長く,戻りの時間もいつもより遅くなってしまいました。

2限の授業に間に合わせるため,大慌てでストレッチをして帰宅しました。

走る目的があると,継続するのにはいい気もします。
一方で,走りに集中できず,畑作業の間時計も止めることになり,集中が切れるのが難点です。

でもまあ,そのうちなれますかね。

2015年4月16日木曜日

シューズの進化



週末はしゃぎすぎた代償か風邪をひいてしまい,喉痛,鼻水,咳に見舞われています。1週間ぶりに走る時間ができたのですが,残念。

練習できていないので,書くことがなかったのですが,ちょっと気になったことを。

普段雑誌というのはあまり読まないのですが,偶然手に取った雑誌を読んでうなってしまいました。

今月の「ランマガ」に,シューズメーカーONの協同創業者キャスパー・コペッティさんのインタビューが載っています。

これまで,シューズ選びの基本として,いかに脚の弱点を矯正し,補強するか,という観点が重要視されていたように思います。

O脚やX脚だと,足の甲が内側や外側にねじれてしまい(プロネーション),それが脚の故障を誘発する,だからそれを「矯正」する機能を持つ靴や中敷きを選ぶべき,と。

また,扁平足は疲れやすく,足裏のアーチによるバネが利かないため,これまた膝に負担をかける,だからやはり中敷きを利用して「矯正」すべき,と。

確かに自分自身,最初の大会で膝を痛め,以来かなりぶ厚いサポーターを着用しながら走っていますが,その理由は人並み外れたO脚と扁平足のせいだと思っていました。

ですが,コペッティさんによると,実はプロネーションが脚に悪影響を及ぼすという科学的根拠はないというのです。

それよりも,矯正されるとそれを戻そうと身体が無駄なエネルギーを使ってむしろエネルギーロスになるので,矯正しない方がいい。大事なことは,自然な脚の動きを妨げないことだ,ということも書かれていました。

従来の考え方とある意味では真逆の考え方が提示されると,正直戸惑います。これまで主張されてきたことは何だったのか。どちらを信じればよいのか。


こういう例はこれまでにもあって,私が中学生の頃にα-GELやソルボセインといった衝撃吸収剤が開発され,どんなスポーツでも,脚の負担を軽減するために衝撃吸収と足首の保護が重要と謳われ,それを信じて靴を選んできました。

でも,最近は,吸収だけすると推進力を自身の筋力のみで生まなくてはならず,効率が悪いと言うことで,着地のエネルギーを推進力に活かす「高反発」製品が注目を集めるようになりました。

衝撃吸収と高反発,一見相反する機能に見えます。実際,数年前までは,Sub4より遅い人は衝撃吸収系,Sub3以上をめざす人は高反発系の様に能力によって使い分けることも推奨されてきていたと思います。

それが,最近は衝撃吸収と高反発の両方の機能を備えるという,禅問答のようなシューズも登場しています。

さらに,先ほど登場したコペッティさんによると,そうした商品の中には反発までの時間が短すぎて,人が着地して脚を上げるよりも前に反発が来てしまい,うまくエネルギーを伝えきれないものもある,とのこと・・・

どの時代のどんな考え方も,そう言われると,そうなのかな,と思ってしまいます。

その時々で流行る「考え方」があり,その考え方が支持されると,それに従った商品が量産される。マーケットで大事なのは,いかに新たな「考え方」を支持してもらうか,さらには,適切な時期に支持される「考え方」を提案していくことなのだろうと思います。

そういう点で行くと,正直私は,シューズ選びがいつもうまくいかなくて,常に足に痛みを抱えながら走っていましたが,「矯正幻想」を信じていたので,痛いのは自分の脚の問題と我慢していました。
そんな時に今回この記事を読んで,矯正幻想から一度離れて,違う観点からシューズを探してみようと思ったクチなので,新たな考え方を支持した一人と言えます。

こういう人が今後増えていくことで,流行りが移行していくのでしょうね。
この先の潮流を興味深く眺めたいです。


2015年4月9日木曜日

ふつう

大平コース(10.05km) 52.44(5.15/km) 晴れ 24℃

いつも通り朝run。
レースの疲れもようやくとれてきた気がします。

今日の感想としては,「ふつー」でした。
小中学生に質問をすると,必ず帰ってくる言葉,「ふつー。」
でも,今日に限っては,タイム的にも,上りでペースが落ちて,下りで上がる感じも,ここ最近の平均値レベルで,本当に,ふつうでした。
これから暑くなってきたら,こういうペースで走ることも出来なくなると思いますし,明日から授業開始で走る時間の確保も難しくなるので,まあ,ふつうに走れたことをありがたく思います。

ふつうつながりで,普段走るときのルーチンがあります。

ずいぶん昔に,なつきさんも講師として参加されていた,「ミズノのランニングクリニック」に参加したことがあります。そこで,下半身だけでなく上半身の筋トレも必要,と教わったので,走る前には腹筋,背筋,腕立てを30回ずつやるようにしています。また,走り終わった後に,高鉄棒で懸垂を10回やるようにしています。

なので,走る練習が出来ているときには,身体全体が充実してきますし,走るのをサボると身体全体が小さくなります。

昔水泳部だったので,全身に筋肉はつきやすい体質です。
そのため,走ると筋肉がついて体重も増加し,走るのをやめると筋肉が落ちるので体重も落ちます。
最近は,真面目に走っているので,体重も2kgほど増えました。

なんか,ふつうと逆ですね。

ここからさらに走り続けることで,漸く体重も減少に傾くはずですが,明日から授業開始。

走り続けられるか,心配です。

2015年4月7日火曜日

疲労は抜けず。。。

安謝港コース(7.74km:新都心公園-古島-安謝-安謝港-いゆまち-泊高橋-おもろまちメディカルセンター-新都心公園) 46'32(6'00/km) 曇り 28℃

大会の疲労も残っていましたが,授業が始まるといつ走れるかも分からないため,思い切って走りに出ました。いつも通り10kmコースを走るつもりで出発しましたが,予想以上に身体が重く,途中でコースを切り換えました。ペースもかなり抑え気味です。

心肺の方はわりと元気でたくさん酸素を取り入れようとするのに,身体疲労の蓄積が大きく体が動かないため過呼吸気味になる,という感じで,呼吸がしづらく感じたので,息をしっかり吐くことを意識して走りました。

一昨日は,子どもの世話などもあり十分ストレッチが出来ませんでした。身体がこんなに重いのは,恐らくそのせいです。なので,今日はいつもより時間をかけて終了後のストレッチをしました。
ヨーガの方法も取り入れた自己流のストレッチを20分。

おかげで走る前よりも少しからだが軽くなった気がします。

2015年4月5日日曜日

あやはし海中ロードレース

曇りのち晴れ。 29℃。 1'49'20(5'13/km)


今期最後のレースとして,あやはし海中ロードレースに出ました。
今回は,自身はハーフに,家族3人は3.8kmトリムに出場しました。

とにかく暑い!晴れの予報でしたが,幸い低く雲が垂れ込め,何とか走れる環境でした。ニューアイテムのネッククーラーを首に巻いてスタート位置につきました。

A列の後方からスタートし,最初の1kmこそ周りの雰囲気に押されて4'44とハイペースでしたが,身体が重く感じたため,とにかく5'15~20/kmペースを維持しようと心がけました。幸い,かなり走り慣れてそうなおじさんと,少しぽっちゃりの水色の若者が近いペースで走っていたので,この二人をペースメーカーとしてついていくことに決めました。

8km付近まで本当に身体が重く,必死について行く感じでした。後で確認すると,今回のレースは普段よりも身体の上下動が大きく,やはり無理をした走りになっていたようです。最初の折り返しが近づいて,アミノの仲間達とすれ違い,声をかけたりハイタッチをするうちに元気が出てきました。本当に,声をかけるたびにスッと彼らの前に出るのが分かりました。

自身も折り返して,12kmあたりでマイペースメーカー達のラップが落ちてきたので,ここからは一人旅。思ったより身体が動くようになっていましたので,ここでも5'15のペースを崩さず前に進みました。

しかし,浜比嘉島への橋の登りは,そこまで平坦だっただけに壁のように感じました。新たなペースメーカーとして,オレンジとグレーのシャツにオレンジの帽子をかぶった「エセ・アミノ」風の青年に目をつけたのですが,この坂ですぐに置いていかれました。13km地点付近の1kmだけは5'28かかっていました。

ここで,ターニングポイントがありました。浜比嘉島での折り返しの際,すぐ前にアミノのMさんがいることが分かりました。また,すぐ後にいつも最後に抜かれるIOさんがいることが分かりました。身体が少しずつ動くようになってきているので,ここは一つ踏ん張ろうと,折り返し後の上り坂でスパートしました。そして,頂上少し前でMさんを捉え,エセ・アミノ氏にも追いつきました。このあたりのラップは,5'05前後です。

そこからも,できるだけラップは落とさず,5'15を意識して腕を振りました。18km付近で,アミノの女性ランナーKさんにも追いつきました。いつも後半抜かれる方です。少し誇らしい気持ちになりました。10kmのランナーも合流してコースは賑やかになり,隙間をすり抜けるようにラップを刻みました。身体が熱くなるのを抑えるため,ことあるごとにスポンジをとり,体中を冷やしていました。もはや全身ビショビショです。グランド近くなって人が多くなり,少し気が抜けたすきに,すでに置き去りにした気でいたエセ・アミノ氏が再び登場し,抜かれてしまいました。でも,まあいいかなんて和んでいたとき,不意にIOさんの殺気を感じ,NAHAマラソンでの悔しさが思い出され,再び脚に力を込めました。最後はスパートしてエセ・アミノ氏を抜き返し,1時間49分20秒でフィニッシュ。何とか1時間50分を切ることができました。このコンディションにしては頑張った方だと思います。

ゴール直後にIOさんに声をかけられました。10数秒後ろに迫っていたそうです。危なかった・・・

今回は,うまく目標とする人に引っ張ってもらえたこと,アミノの仲間の激励があったことが力となりました。皆さんありがとうございました。


その後,子ども達と3.8kmを走ることになりました。
私は下の子(5才)担当。自身のゴールから1時間20分後です。

3年前,長女もこの大会に出場し,泣きながら完走を果たしましたが,長男は根性がないので少し心配でした。

しかし,走り出すと一人でどんどん前に進みます。「あつい」と文句言いながらも,足を止めることは一度もありませんでした。

すごい数の参加者で,もみくちゃでしたが,「小さい!かわいいー!」と沿道の方々やランナー達から声をかけられていました。小さいと得だなーと思いましたが,本人は我関せずで着々と前をめざしました。

所々給水所では立ち止まって水をもらいます。本人はスポンジがほしかったようですが,結局スポンジは売り切れだったようです。

長女はずいぶん早いところですれ違いました。彼女も一人で頑張っています。

長男も相変わらず頑張っています。2.5km付近のエイドで水をもらい,頭からかけてやりました。「少し涼しくなった!」とテンションが上がり,そこからさらにスピードが上がります。

結局最後まで足を止めることなく,また泣くこともなく完走!

タイムは34分50秒!

この大会はトリムマラソンでしたが,申告タイムが35分00秒だったので,10秒の差!おしい!最後に本人がスパートしなければ,とも思いましたが,いやいや,よく走りました。

根性なしと言った父は反省です。

長女も27分33秒で完走。後半バテたようですが,それでも3年前と比べると11分早くなっています。よく頑張りました。

妻も結局一人旅だったようですが,完走していました。皆完走できてよかったです。




2015年4月2日木曜日

早くも夏到来

大平コース(10.08km) 52.45(5.14/km) 晴れ 27℃ 

1週間前と比べて一気に気温が上がり,夏の日差しが照りつけました。走りに出た時間がいつもより遅かったせいもありますが。
前半は5分を切るいいペースでしたが,4km過ぎて急にバテが来て,姿勢が維持できなくなりました。下り坂の後半になってもむしろペースは落ちるばかり。最後はへろへろで,週末の今期最終レースの雲行きもだいぶ怪しい予感です・・・
暑さに身体をならすのが難しいこの時期は,短い距離のレースに出る方が賢明ですね。アミノの皆さんがこの時期短距離レースに挑戦される理由が分かりました。

2015年3月24日火曜日

身体が重い・・・

大平コース(新都心公園-古島-330-浦添総合病院前-浦添大公園-330-古島インター-古島-新都心公園),10.1km。53'29(5'21)。
週末の20km走の疲れもあり,夕べの会合ののみ疲れもあり,異常に身体が重く感じました。靴のかかとがすり減ってきたせいか,靴もしっくりこなくて,終始足の裏が痛い感じがありました。コースの性質上,前半は緩やかに登り,後半は下りなのですが,特に前半は身体が重く,6分/kmの時もありました。本当はスピード練習をしたいところですが,まだ走る基本的な身体ができていない感じです。今週末も走れないので,あと1回,どこかでweekday中に走りたいところです。

2015年3月22日日曜日

2週間ぶりのjog

午前中,20km-jog。新都心-古島-安謝港-泊大橋-那覇空港-赤嶺-奥武山公園-安里-新都心公園。2週間ぶりのランで身体が重く,比較的平坦なコースでしたが,5分30秒~6分/kmのゆったりペースになってしまいました。曇り空とはいえ25度近い中,なぜか長袖シャツを着てしまい,かなり暑かったです。途中で時計が止まってしまっていたためトータルタイムを計測できませんでしたが,およそ2時間ジャストくらいでしょうか。再来週が今期最後の大会(あやはし)。出来るだけ練習したいところですが,なかなか時間がとれそうになく,不安が募ります・・・

Runningブログを始めます

私の趣味であるrunningのブログを開始します。基本的には,練習日誌になると思います。出来るだけ続けられるよう,頑張ります。